WET SHAVING

WET SHAVING

What is WET SHAVING?

ウェットシェービングとは髭剃りの方法の一つであり、その名の通り髭を蒸したり濡らしたり、泡をつけたりして髭と皮膚を濡れた状態(ウェット)にしておこないます。
ウェットな状態にすることで剃りやすくなり、綺麗な深剃りを自宅で行うことができる髭剃り方法です。
男性なら理容院で顔剃りをされたことのある人が多いと思いますが、慣れればあの独特のツルッとしたスベスベの仕上がりが自宅で自分の手で出来るという風に思ってください。

髭剃りを身だしなみを整えるために毎日行う人も多いと思いますが、髭剃りにかける時間がないため手軽に済ませることのできる電気シェーバーなどのドライシェービングで手軽に済ませている方も多いとおもいます。
日本人の約半数はウェットシェービングではなくドライシェービングをしています、西洋人よりヒゲの量が少なく、さらに言えば時間に追われることも多いからなのかもしれません。

ドライシェービングには手軽に剃れる利点がある代わりに、ある程度のところまでしか深剃りできないというデメリットがあります、ウェットシェービングのメリットといえば上記でも述べたように、髭剃り後の爽快感、スベスベの仕上がりにあると思います。
もちろんウェットシェービングにもデメリットがあるからこそ現代の日本では使っている方が少ないのかもしれません。
髭、皮膚を柔らかくしてから、シェービングソープなどをつけ丁寧に剃る、剃り終わったらしっかり拭き取るという時間と手間がかかります、毎朝髭剃りをすることを考えた場合、出勤前ギリギリまで寝ていたい方には向いていないかもしれません。
しかしその一連の時間こそが豊かな時間であり、男にしか許されない特権なのではないでしょうか?

ウェットシェービングの製品はネクタイやタイピン、腕時計のようなモダンなライフスタイルを好む男の嗜好品であり、古典的でありながら現代においては新たしい身だしなみの整えかたであると考えます。

It’s about time to particular about shaving.
そろそろ髭剃りにも拘っても良い頃だと思いませんか。